PROFILE 会社案内 WORKS 事業内容 EVENT/SEMINAR 講演・セミナーの情報 BOOK STORE お薦めの定番書籍 LINKS お薦めサイト

UEUD(ユニバーサル エディティング&デザイン)とは?

わかる言葉 感じるデザイン
ラマッパという私たちの会社の社名は、イタリア語で地図の意味です。
地図の意味は、町を歩くための地図というだけでなく、医療や健康や福祉それらの施策に関して、その情報を読み解くための地図です。
そしてそのために私たちが今、最も大切にしているのが、"UEUD" ユニバーサル エディティング&デザインという考え方です。ユニバーサルデザインはアメリカで生まれた周知のコンセプトですが、私たちはその考え方に、私たち自身が、日ごろから、実際にコミュニケーションをとっている多くの障害を持つスタッフや仲間、高齢者、女性や子どもたちの視点などを取り入れ、私たちならではの、クリエイティブワークについて日々勉強するとともに、試行錯誤を重ねています。
心の通う医療、信頼できる情報を誰もが得られるように私たちはビジネスを通じて洗練された情報社会を作っていきたいと思います。

UEUD ユニバーサルエディティング&デザイン

情報を伝えるものを作るとき、私たちは‥

  • 障害のあるなしに関係なく、子どもからお年よりまで、できるだけ読み手にわかりやすいことばを使うようにします。
  • 見てすぐ大切なことが理解できる 親しみやすい絵とことばを用意します。
  • ことばや絵や写真を美しくならべ、楽しさとわかりやすさを大切にします。
  • もし間違えても、大きな問題が起きないような、あらかじめの工夫を加える努力をします。
  • もし見る人が、1人でそれを理解できなくても、人に助けてもらうためのヒントをプラスするよう心がけます。
  • 必要な情報を選び、時にはそれ以外の部分を捨てる勇気をもちます。
  • 苦手なことや障害をもつ人びとと、いっしょに働き、考えながら、編集やデザインをするしくみを持っています。
  • 私たちは、常に勉強することを怠りません。
ユニバーサルな印刷物イメージ

外国語、手話、点字などをデザインに組み込んで、ユニバーサルな印刷物を作ります。


UEUDの思想で制作した印刷物

『メンタルヘルス
12の福祉サービス』

NPO地域精神保健福祉機構刊
監修 社団法人日本精神保健福祉士協会

精神科利用者が使える福祉サービスを紹介した絵本です。
左ページはエピソードを説明したイラストに、右ページは制度の細かな紹介です。困っている本人と、支援者がともに利用できる冊子は、ユニバーサルエディティング&デザイン(UEUD)の思想で制作しています。
弊社の印刷物はできる限り、このような思想を意識して制作を行っていきます。


『メンタルヘルス 12の福祉サービス』イメージ『メンタルヘルス 12の福祉サービス』イメージ『メンタルヘルス 12の福祉サービス』イメージ


pagetop