アメリカ黒人男性死亡事件映像のダメージと睡眠

私はいつもTBSテレビで土曜日に放送されている報道特集を見ています。

6月6日の報道特集では、アメリカ黒人男性死亡事件の事件現場の映像がロングバージョンで放送されました。

あまりにもショッキングな映像でしたが、全部みてしまいました。

いつもは睡眠時間は4~6時間なのですが、その夜は、10時間近くも寝ていました。

やはり精神的にダメージを受けると睡眠が必要になるんですね。

翌日は、スマホの電源もオフにして、意識してネットやテレビ、ラジオなどの情報を遮断して過ごし、なんとか回復することができました。

私は今回は意識しなくても眠ることができましたが、眠れなくなってしまう人は回復が遅くなるのかもしれませんね。

冬季うつや「気象病」などもそうですが、身体が動くなと言ってるから動けないだけなのに、薬で動かそうとするのが間違っていると、今回の経験で、強く再認識しました。

冬季うつや「気象病」などは、体の病気ではなく、社会が病気なんだと思います。

体の自然な反応を大切にして生活できる社会なら、精神疾患という概念自体、なくなるのではないかと思います。


ひでこ プロフィール

パソコン誕生前からコンピュータ業界に携わり、どんなIT機器もお任せのシステムエンジニア
うつ病発症から25年、今はハルシオンとベンザリンだけになり減薬中です。
様々なリカバリー活動を経てWEB制作のスキルを獲得し、向精神薬の減断薬を目指す方のための会員制コミュニティサイト「ここでいっしょに」を制作し、運営しています。よろしければ覗きに来てください

ここでいっしょに | こころの病からの回復をささえるコミュニティサイト
ここでいっしょには、ベンゾジアゼピン系薬剤と向精神薬の減断薬を実践する方のための情報共有コミュニティです。
タイトルとURLをコピーしました